本のいぬ

本のあいだをふらふら歩く、 のらいぬ澤 一澄 (さわ いずみ)の書評ブログ

『第七官界彷徨』尾崎 翠著

51g38ie44l_sl500_aa240_第七官界彷徨 (河出文庫)』 尾崎 翠著 河出書房新社 651円  尾崎翠(おさきみどり)は長い間、忘れられた作家だった。1970年代から見直され、全集や選集が発行された。今回、代表作『第七官界彷徨』が初めて一本立てで文庫化された。  尾崎翠とは誰か。1896年鳥取県生まれ。上京して『新潮』ほかの文芸誌に小説を発表。まだ無名の林芙美子らと友人になる。そして昭和初期『アップルパイの午後』『第七官界彷徨』『地下室アントンの一夜』など代表作を精力的に書く。しかし頭痛に悩まされ鎮痛剤を飲み過ぎるようになった。さらに幻覚を見るようになり、36歳で、兄により故郷へ連れ戻された。翌年『第七官界彷徨』の単行本が発行。だが東京から引き離された時に翠の作家人生は絶たれた。その後、妹たちの子の面倒を見つつ故郷で人生をおくり、74歳で病没。最後の言葉「このまま死ぬのならむごいものだねえ」。  「悲劇の女性作家」とも言われる尾崎翠。彼女が描く独特の幻想世界には、女性の愛読者が多い。翠の作品世界のキーワードは「少女」。萩尾望都大島弓子の少女マンガに通じる少女の幻想世界があるという。  『第七官界彷徨』だが、「第七官」とは人の視覚聴覚などの五感、虫の知らせとも言う第六感、それを超えた第七の感覚のこと。ある少女が人の第七官に響く詩を書こうという思いを秘め、東京にやって来て、兄や従兄の借家に炊事係として住み込む。長兄は分裂心理、次兄はコケの恋愛の研究をしている。従兄は音楽学校をめざして調子外れのピアノを弾いている。変人ばかり。みな片恋に悩んでいる。そんななかで少女もひとつ恋をする、という物語。  尾崎翠の物語は片恋の話が多い。片恋は少女の特権。翠の小説を読むには字面ばかりを追っていっては迷子になる。現実と幻想が融け合っている世界。哀しい明るさに満ちていてそこにひたるのが心地よい。翠の物語は世代を超えて少女の心の第七官に響く。 (掲載:『望星』2009年10月号、東海教育研究所)